あす29日、ベスト8懸け宇部商vs室戸

 宇部商は二十九日午前十一時半からの第二試合で、準々決勝進出を懸けて室戸(高知)と対戦する。相手は、優勝候補の一角に挙げられていた報徳学園(兵庫)を初戦で破り、波に乗るが、宇部商ナインは「次も絶対に勝つ」と、十九年ぶりのベスト8入りに向け、初戦以上に気持ちは高まっている。二十八日は午前十一時から兵庫県尼崎市の尼崎記念公園野球場で練習し、準備を整えた。
 國本鐘悟主将(二年)は「中富監督甲子園初勝利、県勢100勝を達成し、満足したと思われたくない。必ず勝って、ベスト8に入りたい」と話した。二十九日は午前六時に起床し、八時十五分に出発。九時すぎに甲子園に入り、室内練習場で体をほぐしてから、試合に臨む。

 守備練習に励む選手たち(28日午前11時20分ごろ、尼崎記念公園野球場で)

カテゴリー:アーカイブ2007年3月28日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single