4月から出産育児一時金の受取代理制度創設

 出産費用の負担を軽減するため、宇部市は四月一日から「出産育児一時金の受取代理制度」を創設する。代理制度では該当者が事前に申請を済ませることで、分娩する病院と市が連携し、市が一時金(出産費用が三十五万円未満の場合はその金額)を直接病院に支払う。出産する人は、三十五万円を超える金額の支払いで済み、費用が三十五万円未満の場合は差額を受け取る。
 事前申請は、出産予定日の一カ月前から、市役所一階の保険年金課保険給付係で受け付ける。問い合わせは同係(電話34-8285)へ。

カテゴリー:アーカイブ2007年3月24日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ