琳聖太子生母で板谷さん寄稿

 叢文社(東京)から出版された「日本誕生史 実年代と史実」に、厚狭寝太郎三区の郷土史家、板谷政典さん(78)が、大内氏の祖といわれる琳聖(りんしょう)太子の生母の謎に迫った研究成果を、特別寄稿している。
「寝太郎、和泉式部と並ぶ山陽地区の謎の一つ、琳聖太子の生母について、真実を初めて明らかにできた」と板谷さん。大内氏は、琳聖太子の名を後ろ盾に、長く朝鮮と親密に国交していたことを挙げ、「友好だった朝鮮との関係が、以前のように戻ってくれることへの期待も込めている」と語った。
 日本誕生史は、市内では佐々木書店と良文堂書店で取り扱っている。定価は、千五百円(税別)。

 琳聖太子の生母の謎について研究した成果を寄稿した板谷さん

カテゴリー:アーカイブ2007年3月23日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single