宇部商、フリー打撃で左投手対策みっちり

 宇部商の選手たちは二十日午前九時から、兵庫県尼崎市の尼崎記念公園野球場で練習。フリー打撃、守備練習などのメニューをこなし、約二時間、みっちりと体を動かした。
 中富力監督は「きのうは動きが硬かったが、きょうは体の切れが戻り、いい状態になってきた。今後は、投手陣は球数を増やし、打線は軸をしっかりさせて、バットを振らせるようにしたい」と話した。二十一日は午前十一時から西宮市の鳴尾浜臨海公園野球場で練習。二十二日は午前十時から、阪神甲子園球場で開会式のリハーサルに臨む。

 打撃練習に励む選手たち(20日午前9時40分ごろ、尼崎記念公園野球場で)

カテゴリー:アーカイブ2007年3月22日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ