山陽小野田市役所、後期高齢者医療制度の問い合わせ殺到

 健康保険法の一部改正により、七十五歳以上を対象とした後期高齢者医療制度が新年度からスタートした。山陽小野田市役所の国保年金課には、四月に入ってから制度の仕組みや保険料額についての問い合わせが、一日百件以上寄せられている。保険証の再発行もこれまでに三十件を超えた。
 十四人の職員が連日、対応に追われているが、日によっては休む間もないほど。同課の野上尊代主査は「十五日から年金からの保険料引き落としが始まり、さらに問い合わせが増える可能性がある 」と話している。
 後期高齢者医療制度についてPRするポスター(市役所国保年金課で)

カテゴリー:アーカイブ2008年4月9日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single