やまぐちOSS協が発足、産学官連携で普及・開発へ

 やまぐちOSS(オープン・ソース・ソフトウエア)協議会の設立総会と記念セミナーが六日、山口市の山口グランドホテルで開かれた。OSSは、無償公開されているソフトウエア。誰でも自由に利用、改良でき、次世代IT(情報技術)社会で重要な役割を担うと期待されている。総会では、会長に金子準二県情報産業協会会長を選出。産学官連携でOSSの普及と開発に取り組み、地域経済の発展を目指す。
 ソフトウエアは現在、マイクロソフトに代表される有償ソフトが事実上の世界標準だが、将来はOSSへの移行が見込まれていることから、全国各地で研究グループが設立されている。県内では、県情報産業協会が中心になって協議会の設立を進めてきた。

 セミナーであいさつする金子会長(山口グランドホテルで)

カテゴリー:アーカイブ2007年3月7日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single