県凧あげフェス、県知事賞に松角子ども会

 第十八回県ふるさと凧(たこ)あげフェスティバルは四日、焼野海岸で行われ、創作だこなど九十八の手作りだこが、ぽかぽか陽気の上空で競演した。総合グランプリの県知事賞は、松角子ども会が受賞した。同実行委員会(竹本貞夫会長)主催。
 一般、子供、大だこ・連だこの三部門。晴天に恵まれたものの、上空の風は強く、特に子供たちの小さなたこを悩ませた。
 松角子ども会のグランプリ受賞は二年ぶり二回目。今年のえとと、子供たちに人気のキャラクターの絵の下に、安倍晋三首相の政権スローガンでもある「美しい国 日本」と書き込み、大空高くへと上昇させた。同じテーマで、約二カ月間一緒にたこを作った同自治会も大だこ・連だこの部で三位入賞し、喜びを分かち合った。

 上空高くへとたこを揚げようとする子供たち(焼野海岸で)

グランプリに輝いた松角子ども会のたこ(左)と同自治会のたこ

カテゴリー:アーカイブ2007年3月5日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single