消防展で買い物客に呼びかけ

 山陽小野田市消防本部(中里裕典消防長)主催の第二十一回消防展が、三日から小野田サンパークで始まった。園児の絵画や防火機器の展示などを通じ、買い物客に火災予防をPRしている。四日まで。
 春季火災予防運動の一環。二階催事場では、昨年から設置が義務付けられた住宅用火災警報器を周知するため、手作りのモデルハウスで分かりやすく紹介。消防車や救急車を描いた幼年消防クラブの絵画、小・中学生のポスター、習字などの火災予防作品三百点が花を添えている。大駐車場では、三十㍍級はしご車や電動ミニカーに乗車できる。
 メーンの四日は、午前十時から一階空き店舗で遊休品バザー、サンフェスタ広場では同十一時から火災予防作品の表彰式、午後二時半から住宅用警報機をPRする寸劇、同三時からビンゴ大会が行われる。

 子供たちの絵画を楽しむ買い物客(3日午前10時半ごろ、小野田サンパークで)

カテゴリー:アーカイブ2007年3月3日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single