3月議会開会、藤田市長が施政方針

 三月定例宇部市議会は一日に開会し、藤田忠夫市長が施政方針を述べ、五百八十八億五千万円の二〇〇七年度一般会計予算など、六十一議案を上程した。会期は二十七日まで。八、九、十二日に代表質問、十三、十四日に一般質問が行われる。
 藤田市長は施政方針演説で、新年度の予算編成について「行政のスリム化と施策の重点化に取り組み、真に必要な行政サービスの持続と、直面する行政課題への対応、重点戦略プロジェクトに必要な予算を確保した」と説明。税源移譲に伴って税務部門を再編成し、市税の賦課・徴収体制を強化。徹底した行財政改革も進め「市民志向、成果志向型の市政を推進したい」とした。

 施政方針を述べる藤田市長(1日午前10時すぎ、市役所で)

カテゴリー:アーカイブ2007年3月1日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single