琴芝まちづくりかるた完成

 琴芝校区の名所や住民の願いを五・七・五で詠んだ「琴芝まちづくりかるた」が完成した。校区のまちづくりサークル、はーとふる琴芝(井上博己代表、二十六人)が中心になり、一年かけて作製。十二日、琴芝ふれあいセンターで会員らが出来上がったばかりのかるたを取り合った。
 同サークルは、かるた作りを通して郷土愛を育てようと、昨春から企画を練り、会合を重ねてきた。会員らが塩田川や梶返天満宮など地域の宝を題材に読み札を考え、絵札は会員のほか琴芝小の子供たちや同センターのちぎり絵と絵手紙の教室メンバーが水彩などで描いた。
 手作りのかるたを取り合う会員(琴芝ふれあいセンターで)

カテゴリー:アーカイブ2008年3月13日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ