山陽総合事務所内にファミサポ開設、10月スタート

 山陽小野田市は子育て支援の一環として、山陽総合事務所内にファミリーサポートセンターを開設する。県内では後発となるが、準備期間を経て、十月には登録会員による相互援助活動を始める。三月定例市議会一般質問初日の十日、中島好人議員(共産)、好川桂司議員(市民クラブ)の質問に大田博美市民福祉部次長が答えた。
 子育てをしながら働いている人を援助するのが目的。保育園までの子供の送迎、学校の放課後や学童保育終了後、保護者の病気や急用の時の一時預かりなどが主な活動。パンフレットを制作し、依頼・援助会員を募集。登録後の説明会を経て、活動を始める。市では「大いに活用してほしい」と話した。

カテゴリー:アーカイブ2008年3月11日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single