上宇部小で二宮金次郎像の除幕式

 上宇部小(渡邊哲郎校長、七百八十五人)に、幕末の思想家で農村復興を指導した二宮金次郎(後に尊徳)の像が建立され、二十五日、藤田忠夫市長や地元住民ら約百人が出席して除幕式が行われた。
 前の金次郎像が台風で破損したため、同校区有志が昨年七月、再建実行委員会(岡田勝典代表)をつくり、二百万円余を募った。像は東岐波の彫刻家、古谷博さんが手掛けた。像はブロンズ製で高さ約九十五センチ。本館正面玄関前に建てられている。

 新しい像を見上げる子供たち(上宇部小で)

カテゴリー:アーカイブ2007年2月26日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ