いこいの村江汐売却計画、現地説明会に4社

 山陽小野田市は二十三日、いこいの村江汐の一般競争入札に関する現地説明会を開いた。市内外から四社(個人含む)が参加し、宿泊施設や周辺設備をチェックした。
 いこいの村は、国の行政改革に伴い、市が買い上げ、民間に貸し出した。二〇〇三年度から地元の外食産業パオが事業展開している。スリム化や新たな税収を見込み、市は賃貸借契約が切れる来年三月末以降に売却する方針を打ち出し、土地、建物、備品込みで二億二千三百九十五万円という予定価格を公表した。

カテゴリー:アーカイブ2007年2月24日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ