県内の公立高で一斉に入試

 県内の公立高で六日、入学試験が行われた。宇部市、山陽小野田市、美祢市の厚狭地域九校の全日制と定時制の志願者数は千六百六十一人で、生徒たちは志望校での充実した高校生活を目指して試練に挑んだ。合格発表は十三日午前十時。
 宇部高(藤原泰紀校長)は、普通科と理数科に計三百七十一人が志願。中学生たちは午前八時ごろから続々と来校し、受け付けを済ませた後、指定された教室の席に着いて心を落ち着かせた。試験は国語から始まり、数学、社会、理科、英語の順。生徒たちは真剣な表情で問題に向かっていた。
 試験問題が配られるのを待つ生徒たち(6日午前8時55分、宇部高で)

カテゴリー:アーカイブ2008年3月6日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single