5日「啓蟄」も真冬並みの寒さ

 五日は二十四節気の啓蟄(けいちつ)。暖かくなって冬ごもりをしていた虫が穴からはい出るころとされるが、この日の宇部市は朝の最低気温が〇・九度と真冬並みになった。
 二俣瀬田ノ小野の厚東川に架かる橋の上には、うっすらと雪が積もり、通学途中の生徒が乗った自転車が通るたびに、真っ白な路面に細いわだちができていた。
 橋に積もった雪にできたわだち(5日午前7時半すぎ、二俣瀬田ノ小野で)

カテゴリー:アーカイブ2008年3月5日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single