プロ野球のオープン戦に7200人

 プロ野球のオープン戦「読売ジャイアンツ-オリックス・バファローズ」は三日、宇部市野球場で行われ、七千二百十二人がプロのプレーを楽しんだ。オリックスの先発には宇部商高出身の一輝(嶋村一輝)内野手(26)も名を連ね、先制のホームを踏むなど攻守に活躍した。
 試合は四回表、左前安打で出塁した一輝を迎祐一郎が左前適時打でかえし、オリックスが先制したが、五回裏に巨人が亀井義行、隠善智也の連打などで2点を奪い逆転。その後、両チームとも1点を加え、巨人が3-2でオリックスを下した。
 地元の声援を受け、安打を放つオリックスの嶋村一輝選手(市野球場で)

カテゴリー:アーカイブ2008年3月4日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single