昨年の山陽小野田市内の刑法犯816件

 二〇〇六年に小野田、厚狭の両警察署が認知した山陽小野田市内の刑法犯件数は八百十六件(暫定)で、前年より百十五件増えた。小野田署管内で、自転車盗や万引きなどの窃盗犯が大きく増えたのが原因。ただし、ここ十年間では、一昨年に次いで二番目に少なく、ピークだった二〇〇〇年(千八十七件)から、緩やかながら右肩下がりの線を描いている。
 署別では、小野田が六百十一件で前年より百十九件の増加。窃盗犯が四百三十件と、八十件増えた。そのうち、自転車盗が百四十二件、万引きが七十三件、車上狙いが四十九件。厚狭は二百五件で四件減り、六年連続の減少。

 

カテゴリー:アーカイブ2007年2月22日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ