常盤公園で人生記念植樹

 結婚や誕生、還暦などの思い出を刻み、緑の文化を後世に引き継ぐ、第三十回人生記念植樹が二日、常盤公園西駐車場近くの椿苑で行われた。家族連れを中心に二十組が参加。「港の華」と呼ばれる品種のツバキを植えて、記念樹の成長を見守ることを誓った。
 参加者は職員から手順の説明を受けた後、シャベルを手に樹齢七年、樹高一・八メートルのツバキを植えた。プレートには「還暦」「成人」「結婚」「誕生」記念などと記され、ツバキを囲んで写真やビデオに納まって、記念日を満喫していた。今はつぼみの状態だが、今月中旬には淡い桃色の半八重の花が開く。
 記念樹を植える加納美彩希ちゃんファミリー(常盤公園椿苑で)

カテゴリー:アーカイブ2008年3月3日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single