絵本をテーマに宇部で初のワークショップ

「絵本ってすごい、おもしろい」をテーマに、読書の楽しさを味わうドキドキワークショップ(県立山口図書館主催)が十八日、宇部市立図書館で開かれた。親子ら約七十人が参加し、絵本とうまく出合う方法を学び、魅力を実感した。
 講師は梅光学院大教授で児童文学作家の村中李衣さん。同大の学生四人がアシスタントを務めた。村中さんは「絵本は、ゆっくりだったり、速くだったり、どんな調子で読めばいいのか、その本が持っている時間がある。活字に凝縮された奥行きを感じてほしい」と呼び掛けた。

 絵本を読み合う参加者たち(市立図書館で)

カテゴリー:アーカイブ2007年2月19日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single