山陽小野田市議会開会、副市長人事を否決

 三月定例山陽小野田市議会は二十九日開会し、午前中に行われた副市長の選任に同意を求める人事案件が記名投票で行われ、賛成七、反対十九で不同意となった。
 白井博文市長は昨年十月、前任の副市長を解任し、ポストが空白になっていた。本会議で白井市長は「私の志を理解し、市の再生発展のため、力を発揮してくれる副市長が必要と痛感するようになった」と説明し、補佐役として笹木慶之総務部長(60)が適任とした。再任用を認めない市長の方針が覆されたこと、危機的な財政状況下での特別職の起用などを理由に反対討論があった。中元稔議員(刷新)ら超党派の十六人の提案で同案件の賛否が執行部、議員にも分かる記名投票となり、反対が過半数を超えた。

カテゴリー:アーカイブ2008年2月29日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single