埋蔵文化財展始まる

 第二十九回郷土を考えるシリーズ展「古(いにしえ)との出会い-埋蔵文化財展」が、二十二日から宇部市の文化会館で始まった。市内や周辺の遺跡から見つかった出土品、写真資料など千点を公開。宇部地域の成り立ちや暮らしぶりの変遷が分かる企画展となっている。入場無料。三月二日まで。宇部地方史研究会(鈴永英二会長)主催、市教育委員会共催、宇部日報社など後援。
 関連行事として、二十三日午後二時から文化財講座を開催。梅光学院大の渡辺一雄教授が「宇部市の埋蔵文化財」と題して講演する。聴講無料。
 貴重な土器などが並ぶ会場(22日午前9時半、文化会館で)

カテゴリー:アーカイブ2008年2月22日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single