宇部興産中央病院で看護衣のファッションショー

 宇部市西岐波の宇部興産中央病院(阿美古征生院長、四百二十六床)で二十日、来年度導入する看護職員のユニホームを選ぶファッションショーが行われた。
 ショーにはモデルとして職員二十一人が出演。同僚約七十人が見守る中、音楽に合わせて会場を歩き、前方で一列に並んだ。観客は「後ろ姿を見せて」とリクエストしたり、生地を触ってみたりして、熱心に比較。今月中には新しいユニホームを決定し、四月から取り入れることにしている。
 笑顔で新しい看護衣の候補を披露する職員(宇部興産中央病院で)

カテゴリー:アーカイブ2008年2月21日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single