有帆小でモジュール授業視察

 内閣官房の教育再生会議担当室の参事官ら五人が二十日、有帆小(木橋金二校長、二百六十二人)を訪れ、音読や計算、タブレットパソコンを使った漢字の書き取りなどのモジュール授業を視察した。
 四年一組(十九人)では、自分たちで作った詩や「百わり」(百問の割り算)、辞書を有効に使った学習などを視察。六年生のクラスではタブレットを使った漢字の反復練習に関心を寄せた。片山純一参事官は「タブレットパソコンを使うなど、先進技術を生かした方法も見られた。子供たちが生き生きしていた」と感想を話した。
 計算に集中する子供たちの様子を視察する参事官ら(有帆小で)

カテゴリー:アーカイブ2008年2月21日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single