宇部署など4団体が「交通事故死ゼロを目指す日」PR

「交通事故死ゼロを目指す日」の二十日、宇部市交通安全対策協議会(会長・藤田忠夫市長)、宇部警察署(中山肇署長)など四団体はJR宇部新川駅で、利用客にチラシや使い捨てカイロを配布してPRした。
 この日は、内閣府中央交通安全対策会議が今年から定めたもの。昨年、全国の事故による犠牲者は前年比六百九人減の五千七百四十三人で、五十四年ぶりに五千人台になった。この減少傾向を続けようと、二月二十日と四月十日を全国統一で事故防止に努める日とした。
 チラシなどが入った袋を手渡す市交通安全対策協議会のメンバーら(20日午前7時すぎ、JR宇部新川駅で)

カテゴリー:アーカイブ2008年2月20日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ