県のモニターツアーで宇部の魅力アピール

 県は、東アジアから修学旅行や企業などの観光客を誘致するため、中国と韓国から教育関係者らを招いて、モニターツアーを行っている。六日には中国山東省の訪問団十三人が宇部市を訪れた。市側は宇部方式などの環境学習や野鳥観察、産業観光などの魅力をアピールし、手応えをつかんだ。
 宇部市は中学生以上向けに、環境学習と自然環境学習(野鳥観察)の二つのプログラムを提案。主に常盤公園を舞台に、石炭記念館や野外彫刻美術館を紹介し、周遊園路、小野湖でのバードウオッチングを楽しんでもらう。山東省の訪問団は九日まで県内に滞在し、萩市や山口市を回る。慶尚南道の訪問団は、秋吉台や萩市、岩国市、下関市を訪問し、十日に帰国の途に就く。

 石炭記念館を見学する山東省の学校関係者(常盤公園で)

カテゴリー:アーカイブ2007年2月7日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ