宇部市野球場が初のグラウンド大改修

 宇部市野球場で十二日から、一九九八年四月の完工以来、初めてとなる大掛かりなグラウンド改修工事が始まった。兵庫県神戸市の専門業者を呼び寄せ、二十二日まで十一日間かけて、従来の土となじませながら丁寧に整地していく。総費用は五百万円。
 十一日までに改修専門業者が十トンラック九台分の土を搬入。土と混ぜ合わせる火山灰は、阪神甲子園球場や広島市民球場と同じ鹿児島県の桜島のものを使用。改修後の初利用は、三月三日に行われるプロ野球のオープン戦「読売ジャイアンツ-オリックス・バファローズ」となる。
 グラウンド部分の改修工事が進む市野球場

カテゴリー:アーカイブ2008年2月13日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ