「やまぐち健康ネットコンソーシアム」、3月から生活習慣病予防事業開始

 山口大医学部や一般医療機関、民間企業の異業種で構成する連合体「やまぐち健康ネットコンソーシアム」(総括・井上裕二山口大医学部教授)は、3月から糖尿病などの生活習慣病を予防する事業を開始する。病気になる前の段階の人たちを対象に、医療チェックを行い、食事の取り方や運動方法を個別に指導する。有病者でない地域住民を対象に、大学病院の専門医と健康サービスを提供する民間企業が連携して健康維持や疾病予防サービスに取り組むのは、全国で初めて。
 医療提供者と企業が連携した保健事業をテーマにしたシンポジウムが、三月十一日午後二時から県産業技術センターで開かれる。県主催。同コンソーシアムの事業概要の講演があるほか、医療提供者、行政機関、市民など、さまざまな立場の人が参加したパネルディスカッションを行う。問い合わせは、同センター(電話53-5056)へ。

 

カテゴリー:アーカイブ2007年2月3日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ