有帆小学校で仮入学

 山陽小野田市の小学校のトップを切って七日、有帆小(木橋金二校長)で仮入学が行われた。三十一人の入学予定児が保護者と一緒に初登校し、一年生と交流するなど学校生活の一端を体験した。
 保護者が学校説明を受けている間、男子十四人、女子十七人は、一年生と交流した。一年生が用意してくれた首飾りを掛け、かるたやお手玉、粘土、ゲームなどで、一つ上の先輩たちと楽しく遊んだ。この後、親子交通安全教室があり、小野田警察署員から道路の正しい横断の仕方を学んだ。
 横断の仕方を学ぶ親子(有帆小で)

カテゴリー:アーカイブ2008年2月8日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ