山陽小野田市「子供市議会」で児童代表が市議会登壇

 山陽小野田市内の小学生がまちづくりへの夢や希望、要望を市政に届ける「子供市議会」は六日、市役所であり、代表児童二十四人が、生活、学習環境の整備から財政問題、合併効果まで幅広く取り上げ、執行部に迫った。市ふるさとづくり推進協議会(安部寛二会長)主催。
 子供市議会は昨年度に続いて二回目。男女二人が各校を代表して一日議員となり、本会議に出席。一般質問と同様に登壇し、十分の持ち時間で、それぞれの思いを白井博文市長、担当部長にぶつけた。白井市長は「身近な問題から行政への支援要望までさまざまあった。一つずつ実現できるよう取り組みたい」と講評。
 さまざまな疑問や要望をぶつける各校の代表児童(市役所で)

カテゴリー:アーカイブ2008年2月7日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ