山陽小野田市都市計画マスタープラン策定委が初会合

 第一回山陽小野田市都市計画マスタープラン策定委員会は五日、市役所であり、公募と学識、関係機関から選出された十五人が、秩序ある土地利用、都市施設や市街地の効果的な整備など、基本構想で示された将来像を実現するための施策を検討していく。プランは二〇〇九年三月の策定を目指す。会長に山口大大学院の鵤(いかるが)心治教授を選んだ。
 昨年から基礎調査を実施し、市民アンケートも分析。初会合で鵤会長は「積極的に議論し、全国に誇れるプランにしよう」とあいさつ。プランの策定方針を確認し、都市の概況、アンケート結果を基に意見を交わした。委員会は策定までに五回程度を予定。任期は来年三月末まで。
 全国に誇れるプランづくりをと話す鵤会長(市役所で)

カテゴリー:アーカイブ2008年2月6日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ