楠中1年生が絵本やゲームで小学生と交流

 楠中(柏村雅実校長)の一年生六十人が四日、地区内の小学校三校を訪問し、手作り絵かるたや絵本の読み聞かせを通じて児童と交流した。「感動体験」をテーマにした年間の総合的な学習の一環で、初の試み。楠中一年の頭文字から「プロジェクトK-1」と名付けた。
 万倉小(松原夏樹校長)では、一、二年生三十三人と交流。初対面で最初は互いに緊張していたが、生徒たちが立派に進行役を果たし、ゲームを進めるうちに笑顔が見られるようになった。
 2年生児童と絵かるたを楽しむ楠中の生徒(万倉小で)

カテゴリー:アーカイブ2008年2月5日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ