宇部興産中央病院の助産師が東岐波中で特別授業

 宇部興産中央病院の郷司律子看護師長ら助産師五人は二十九日、東岐波中(山崎寛夫校長、三百九十一人)で特別授業を実施。三年二組の生徒三十五人を対象に「わたしたちから伝えたいこと-命の大切さ」と題して、多くの命を取り上げてきた体験談、出産直後に家族が書き記した言葉などを紹介。「家に帰ったら家族と自分が生まれた時の話をして、生んでくれてありがとうと言ってほしい」と締めくくった。

 生徒たちに妊娠や出産について説明する助産師(東岐波中で)

カテゴリー:アーカイブ2007年1月30日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single