障害者の自立を支援するグループホーム「あけぼのホーム」開所

 NPO法人あけぼの会(岡田利夫理事長)が運営する、障害者の自立を支援するグループホーム「あけぼのホーム・山陽小野田」の開所式は一日、丸河内の小野田心和園旧館であり、関係者三十二人が出席して、開所を祝った。二〇〇六年に施行された障害者(身体、知的、精神)自立支援法に基づくグループホームの設置は県内では初めて。
 グループホームの開設は、病院で療養し、退院の許可が認められた市内在住の障害者で、帰る場所がない人を自立させるのが狙い。小野田心和園旧館の二階に設置。広さは二百七十平方メートル。内部は管理人室、食堂、トイレ、浴室。七-十一平方メートルの個室が六部屋ある。入居定員は六人。
 開所式であいさつする岡田理事長(丸河内で)

カテゴリー:アーカイブ2008年2月4日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single