常盤公園のコクチョウ、3家族の子育て奮闘

 常盤公園の白鳥湖で、コクチョウのつがいが、ひな鳥十羽の子育てに奮闘している。訪れた人たちは、親鳥の後ろを並んで泳ぐ姿に目を細めている。
 もともと、このつがいが温めていた卵は二つ。八羽のひな鳥は、ほかの二つのつがいが卵を産んでかえした。常盤遊園協会では、ひなが親鳥に懐く前に離し、ベビーシッター役のつがいに付けた。一家族にまとめるのは、天敵のカラスから襲われるのを防ぎ、少ない飼育係で管理しやすくするのが目的。
 たくさんのひな鳥を育てるコクチョウ(常盤公園の白鳥湖で)

カテゴリー:アーカイブ2008年2月1日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single