不妊の助成申請早めに

 晩婚化を背景に近年、不妊で悩む夫婦が急増。日本で赤ちゃんを望むのにできない夫婦は七、八組に一組といわれ、不妊治療の経済的負担を軽くするため、治療費の一部を助成する制度がある。申請は年度内に限られ、提出書類をそろえるのに時間を要することもあるため、窓口の市保健センターでは「今年度(昨年四月以降)に治療を受けた人は、早めに準備をして、三月三十一日までに申請を」と制度の活用を呼び掛けている。申請、問い合わせは保健センター(電話31-1777)か楠保健センター(電話67-1273)、宇部健康福祉センター(電話31-3200)へ。
 県内の各健康福祉センターでは、定期的に不妊専門相談が行われている。宇部の次回は、二月四日の午後二時半-四時半で、山口大医学部付属病院産科婦人科の松岡亜希助教が対応する。問い合わせ、予約は宇部健康福祉センターまで。
 また、県立総合医療センター(防府市)の女性のなやみ相談室内には「女性健康支援センター・不妊専門相談センター」があり、保健師や助産師が毎日午前九時半から午後四時まで、無料で相談に応じている。臨床心理士、医師による面談相談は、事前予約が必要。連絡先は(相談電話0835-22-8803、メールnayam119@ymghp.jp)

カテゴリー:アーカイブ2008年1月29日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ