2月6日、子供市議会で代表児童24人が意見や要望発表

 山陽小野田市ふるさとづくり推進協議会(安部寛二会長)主催の子供市議会は、二月六日午後一時半から市役所議場で開かれる。十二小学校の代表児童二十四人が、ふるさとづくりへの意見や要望を発表する。合併効果やさらなる広域化の可能性、財政状況などを取り上げる児童もおり、白井博文市長、執行部に回答を求める。
 次代を担う子供たちの意見を新市建設に反映させようと昨年度から始まった。一般質問形式で、各校の持ち時間は質問、回答込みで十分間。市議会の定例会同様に、議会中継システムを使い、各公民館でもやりとりが見られる。子供市議会は旧小野田市で一九八六年六月、旧山陽町で同年十月に開かれた。

カテゴリー:アーカイブ2008年1月25日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ