志望大学突破の第一関門、センター試験始まる

 大学受験シーズンの幕開けとなる二〇〇七年度の大学入試センター試験が、二十日から全国七百三十五会場で一斉に始まった。
 宇部市内で唯一の会場となった山口大工学部では、最初の科目の公民は午前九時半から始まり、五百十一人が受験。試験官が注意事項を説明した後、問題用紙が配られ、合図と共に“第一関門”がスタートした。受験生は、これまで勉強してきた成果をすべて出し切ろうと、懸命に問題を解いていた。

 問題用紙を配る試験官と開始を待つ受験生(20日午前9時15分ごろ、山大工学部で)

カテゴリー:アーカイブ2007年1月20日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ