市民病院にセカンドオピニオン外来

 山陽小野田市病院局(河合伸也局長)は、小野田と山陽の両市民病院に、セカンドオピニオン外来を新設した。河合局長が専門医となり、主治医以外の第三者的な立場で、診療や治療に対する患者や家族の悩みを聞いたり、治療方針について分かりやすく説明したりする。
 河合局長は、「分かりやすい言葉で表現し、共感的、橋渡し的な役割を果たしたい」と話した。問い合わせは、平日の午前八時半から午後五時までに、小野田(電話83-2355、ファクス83-8666)、山陽(電話72-1121、ファクス73-2824)へ。電子メールは、小野田がmed-o-renkei@city.sanyo-onoda.lg.jp、山陽がmed-s-kango@city.sanyo-onoda.lg.jp。

 セカンドオピニオン外来を担当する河合局長(小野田市民病院で)

カテゴリー:アーカイブ2007年1月18日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single