県議選から山陽地区4投票所で投票時間短縮

 山陽小野田市選挙管理委員会(生田希委員長)は、今春に行われる県議選(三月三十日告示、四月八日投開票)で、三十一投票所のうち、山陽地区の松ケ瀬、森広、湯の峠、福田の四カ所の投票時間を短縮する。本来は午後八時までだが、二時間早めて六時に閉める。
 新市になり、全投票区の票が市民館に集まるようになったため、北部の三地区、西部の福田地区から投票箱を届けるのに時間がかかる。厚狭投票区への統合も検討したが、投票所が厚狭小となれば、対象地区からの反発も必至で、高齢者への配慮などを検討し「時短」にした。

カテゴリー:アーカイブ2007年1月17日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single