再生鉄市場の過熱続く

 今年八月の北京オリンピックを前にした中国の特需に端を発する鉄鋼不足で、鉄スクラップの需要が高まりを続けている。小串の宇部スチール(石井素文社長)では工場フル稼働で再生鉄の生産に追われ、市内の金属回収業者には原材料になる鉄スクラップをトラックに山積みにして直接売りに来る一般市民も現れた。
 市内の金属回収業者にはスクラップ鉄を満載したトラックがひっきりなしにやって来る。敷地内には解体されたビルの鋼材や自動車のエンジンブロック、電線など約三千トンが山積みの状態。購入を希望する福岡県北九州市や関西方面の再生鉄製造業者からも問い合わせが来るという。
 山積みになっている鉄スクラップ(宇部市内で)

カテゴリー:アーカイブ2008年1月8日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single