宇部市地方卸売市場と市中央卸売市場で初競り

 宇部市地方卸売市場(魚市場、港町二丁目)と市中央卸売市場(青果市場、西平原四丁目)で五日、初競りが行われ、威勢のよい競り声とともに、年末年始の休みを終えた市民の台所に再び活気が戻ってきた。
 地物はカレイやレンチョウ、アナゴ、ミルガイ、甲イカなどが、トロ箱いっぱいに並んだ。カニが比較的多く、六十センチ級のヒラメもあった。下関や博多からの送りでは、アジやイワシ、ウニなどが目立った。
 地元で取れた魚を競る仲買人ら(5日午前5時すぎ、地方卸売市場で)

トマトを競る仲買人ら(5日午前7時ごろ、中央卸売市場で)

カテゴリー:アーカイブ2008年1月7日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ