互礼会で決意新た

 年末・年始の休み明けとなった四日、宇部市内では官庁や多くの企業が仕事始め。各職場ではトップの訓示を受けて二〇〇八年の業務をスタートした。市の互礼会は、午前十時から宇部全日空ホテルであり、藤田忠夫市長や地元選出の議員ら政財界の関係者五百人が、古里の発展に向けて気勢を上げた。宇部興産(田村浩章社長)は午前九時から宇部興産ビルで互礼会を開いた。東京本社とのテレビ会議システムで実施。千葉泰久副社長ら宇部地区の役員、管理職、関係会社の代表者ら約二百人が、田村社長の年頭あいさつを聞き、グループの一層の発展に向け、努力していくことを誓った。
 さらなる飛躍を誓って乾杯する出席者(4日午前10時半ごろ、宇部全日空ホテルで)

田村社長のあいさつに耳を傾ける幹部社員ら(4日午前9時すぎ、宇部興産ビルで)

カテゴリー:アーカイブ2008年1月4日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ