山陽小野田市 消防本部と団が旗新調

 山陽小野田市の消防本部旗と消防団旗が完成し二十七日、白井博文市長に披露された。職員や市民へのお披露目は、一月七日に市民館である出初め式になる。中里裕典消防長は「われわれの象徴となる旗の下、一致結束し、市民の安心安全の確保に努めていきたい」と話した。
 本部旗、団旗とも横一メートル、縦〇・八メートルの絹製。本部旗はすみれ色を基調に、中央には雪の結晶をベースとした消防章と市章を組み合わせた刺しゅうが施してある。団旗はえんじ色で、刺しゅうはサクラの団徽章(きしょう)。出初め式、消防大会、消防操法大会などで活用する。

 完成した消防本部旗(手前)と消防団旗(市役所で

カテゴリー:アーカイブ2006年12月28日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single