宇部市初のグランドピアノ、記念会館で特別展示

 宇部市に初めて入ったグランドピアノが二十七日、記念会館二階ロビーに展示された。市制施行(一九二一年)とほぼ同時期に入り、市の歩みを見詰めてきたピアノが、開館七十周年を迎えた同会館に再び戻ってきた。ピアノは、一九二二(大正十一)年にドイツ・ハンブルグで製造された世界最高峰の「スタインウェイ」。当時のスタインウェイが現存しているのは珍しく、文化財としての価値も高い。
 展示は二十七、二十八日の午前九時-午後五時、三十一日の午後一時-五時。同日午後十時から開催される「第九『歓喜の歌』でHAPPYカウントダウンIN渡辺翁記念会館」の参加者は見学できる。

 市の歩みと重なるグランドピアノ(27日午前9時、記念会館で)

カテゴリー:アーカイブ2007年12月27日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single