宇部工高の信田君と古屋君がロボット相撲全国大会に出場

 宇部工高(吉川直紀校長)の信田紘明君(三年)と古屋芳憲君(二年)が、二十三日に東京・両国国技館で開かれる「全日本ロボット相撲全国大会」(富士ソフト主催)の自立型部門に出場する。
 信田君は自作のロボット「プロミン」、古屋君は「ヨーゼフ」で勝負する。全国大会に出るのは初めての二人。古屋君は「強豪ぞろいでも、初戦は突破したい」、信田君は「一戦でも多く勝ち進んで、高校生の意地を見せつけたい」と張り切っている。

 改良した自慢のロボットで全国大会に臨む信田君(左)と古屋君(宇部工高で)

カテゴリー:アーカイブ2007年12月22日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ