「ゴミを捨てないで!」、二俣瀬小6年生が廃材で啓発看板

 二俣瀬小(安村竹史校長)六年生全員十一人がこのほど、不法投棄の多い丸山ダム周辺の環境美化に役立ててもらおうと、廃材を材料に看板を共同で手作りし、同ダム入り口に設置した。
 縦約四十センチ、横約二十センチの板に、空き缶を解体し、平らに伸ばして巻き付けた。各板に「ゴミをすてないで!」の一文字ずつを、ボタンや押しピン、ビー玉、ペットボトルのふたで形作った。不用品の整理をする機会の多い年末、不法投棄をしないでとの願いを込めたという。

 環境美化の手作りの看板を立てた二股瀬小6年生(丸山ダム入り口で)

カテゴリー:アーカイブ2006年12月19日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single