来年度から「学びの創造推進事業」スタート

 宇部市は中学生の学力向上を図るため、来年度から常盤中(白石千代校長、538人)など市内4校を拠点校にして「学びの創造推進事業」をスタートさせる。同事業は東京大大学院の佐藤学教授の理論を踏まえたもので、少人数の班で生徒同士が主体的に学び合う授業スタイルが特徴。常盤中は既に今年度から独自に取り組んでおり、不登校が激減するなどの効果が表れている。12月定例市議会一般質問最終日の14日、前田松敬教育長が明らかにした。

カテゴリー:アーカイブ2007年12月17日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single