宇部市議会一般質問、来年度予算の質疑活発

 十二月定例宇部市議会は十二日から一般質問が始まった。今年から前年度決算の認定作業が、十二月議会から九月議会に早められたこともあり、来年度予算関連が初日だけで三件と、昨年十二月定例会での総数(二件)を上回った。
 来年度予算を取り巻く環境について、藤田市長は答弁で「歳入は地方交付税総額の減収で今年度を大きく下回るが、歳出の公債費や福祉関係費は高水準が続く」「歳出が今年度と同額でも現時点で約十一億五千万円の“赤字”だが、財源不足を補う財政調整基金は今年度末残高が約十億六千万円」などと厳しさを説明。

カテゴリー:アーカイブ2007年12月13日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ