年末年始の特別警戒活動スタート

 今年も残すところ二十日。平穏な年の瀬を過ごし、明るい新年を迎えてもらおうと、宇部警察署(長松久雄署長)は十一日から年末年始の特別警戒活動を開始、パトロールを強化した。「特別警戒隊」の腕章を着けた制服姿の警察官が金融機関や深夜スーパー、パチンコ店の景品買取所を巡回。「店内外のチェックを繰り返し行い、不審者の早期発見や通報を」と、従業員らに声を掛けている。
 同署の特別警戒活動は来年一月三日まで。▽侵入盗・街頭犯罪・振り込め詐欺の防止▽性犯罪などの捜査強化▽強盗など重要犯罪の防止▽飲酒運転など悪質危険な交通違反・暴走族の取り締まり、交通死亡事故の抑止▽暴力団対策、薬物事犯取り締まり推進▽テロなどの未然防止に向けた警戒警備の徹底▽雑踏事故の防止-を重点に、防犯活動に取り組む。

 局員に防犯上のポイントを説明する警察官(11日午前9時半ごろ、宇部郵便局で)

カテゴリー:アーカイブ2006年12月11日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ