極地フォーラムで厚狭高が特別優秀賞と優秀賞

 厚狭高(松井誠校長)が、第四回中高生南極北極オープンフォーラム(日本学術会議地球惑星科学委員会など主催)で、特別優秀賞と優秀賞を受賞した。十六日に東京で表彰式があり、それぞれのグループの代表者が受賞テーマを披露する。
 最優秀賞に次ぐ特別優秀賞に選ばれたのは河本雄貴君、井上拓哉君、梶原絵里さん、金江麻依さん、西知行君の二年生五人による「エンペラーペンギンの親は、体内で食糧をどのように保存するのか」。優秀賞は植田宏伸君、西田慎一郎君、今橋篤史君、西山祥子さんの一年生四人が取り組んだ「ペンギンの遺伝子に関する研究」。表彰式には河本君、西君、植田君、西田君が出席し、パワーポイントを使ってそれぞれ十分程度、プレゼンテーションする。

 極地フォーラムで特別優秀賞(後列)と優秀賞を受賞した生徒たち(厚狭高で)

カテゴリー:アーカイブ2007年12月7日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single